2012年02月28日

白霧の滝?

池上
日曜日の午前中、宇君と白霧の滝(と言うんでしたっけ?)に行ってきました。
寒いので何年か前に行ったときより氷の状態は良かったです。
トップロープでお互いに3回ずつ登りました。私はもうそれだけで腕がパンパンでした。
二人だったので登っている写真はないですが、氷の写真をどうぞ。
TS3W0163.JPG

TS3W0164.JPG
posted by aizu-ac at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月26日

せいざん荘 行ってきました。。

時折雪が舞う天候でした。今は土日が高速無料のため、若松から柳津まで高速で移動。せいざん荘に行ってきました。
お昼過ぎだったからかお客様はまばらで、のんびりとお風呂に入ってきました。
写真(16).JPG
露天風呂は女性の方はかなり熱かったようですが、男性用はぬるくてあがると寒いぐらいでした。一緒になった地元のおじいさんに、子供の頃露天風呂を作って入ったり、渋柿をかごに入れ学校に行く前に温泉に付けておくと、帰りには渋が抜けておいしく食べられたり、カラスの卵をふきの葉っぱでくるんで杉の葉で燻し燻玉を作って食べた話など、いろいろと聞かせてもらいました。
写真(15).JPG
源泉は、下の西山温泉とは別のような話をしていましたが、良く暖まるいいお湯でした。。
posted by aizu-ac at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

温泉、いいですね!!

先日何年ぶりかで柳津の「つきみヶ丘保養センター」に行ってきました。
南向きの明るいガラス越しに、雪をかぶった山々と静かに流れる只見川を見ながらの入浴は、疲れたからだと心を癒してくれました。
施設が古くなったからか、冬だからかお客様も少なく静かで良かったです。料金も300円と良心的でしたが、なんと回数券が13回分で3000円でした。(安い!)
おまけに、その券は西山温泉の「せいざん荘」でも使えるとのこと。西山温泉のお湯はさらにいいので、早速購入してしまいました。
今日、行ってみようかと思っています。
ときどき、温泉情報をアップします。どなたか、いい情報があったら教えてください。。平田
posted by aizu-ac at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月24日

あだたらBC×1

あだたらBC×1
2012年2月5日
堀江


8時20分出発
今日の目標は鉄山南壁。
コンビニで食料を買い、雪道をあだたら高原スキー場へ。
9時半着だが、ゴンドラが動いていない。
リフトを乗り継いで行こうと、回数券を買おうとしたら、試運転が始まった。
待つこと20分。ようやく運行開始。乗り込もうと思ったらT高校のM先生が現れる。
M先生はスキーの達人だ。
指導員の資格も持ってる。
昨日までの降雪で、谷にはパウダーがたっぷり。
ノートラックの大斜面を頂きに来たってわけだ。
ゴンドラ山頂駅から準備して歩き出すが、スノーシューでも膝上までのラッセル。
ところによっては腰まで埋まってしまう。
先週に引き続き、アプローチがメインになってしまいそうだ。
雪がしまっていれば山頂まで40分もかからないが、これではダメだ。
結局、山頂に着いたのは昼近く。視界も20mほどで、例によって強風。
これでは鉄山どころではない。
せっかくアイゼン、ピッケル、バイルやらを持ってきたので山頂の岩場でドライツーリングの練習をする。
3〜4mの岩場を登ったり降りたりミックスクライミングのボルダリングってところか。
天候は悪いが、面白くて1時間程も遊んでしまった。
さて、スノボも引っ張ってきたので下りはスノボ。
例によって一般ルートを外れ、烏川の源頭部を滑る。
ボルダリングしている最中、かなりのスキーヤーやボーダーが上がってきていたから、シュプールだらけだろうと思っていたら、意外や意外、滑った跡は右端に1本だけで、沢芯は誰も滑っていない。
皆、登ってきたルートを降りたようだ。
ここまで来てこの大斜面、この谷をすべらないとは信じられないが、登山道から大きく外れるのが不安なのだろう。
それではと、大斜面を独り占めして快適な3Dを楽しむ。
左岸の尾根に登り返して、またいい具合の斜面を滑る。
後半はボウル状。
これもまた楽しい。
1300m付近から五葉松平へ上がり、ゲレンデを目指すが、また膝から腰ほどのラッセル。
いいトレーニングだなあ。
ゲレンデまでもう少しというところで薮が濃くなり、難儀する。
空いているゲレンデをノンストップで下り、終了。
ラッセルはきつかったが、
鉄山南壁は登れなかったが、
山頂ボルダーに久しぶりのパフパフのパウダー。
楽しかったなあ。

動画はコチラ
http://youtu.be/jjoNN3EAA_4
posted by aizu-ac at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月20日

猫魔から雄国スキーツアー

日程の関係で蔵王のスキー合宿に参加できませんでしたが、ガミちゃんと二人で猫魔スキー場から雄国山経由ラビスパのミニツアーに行ってきました。IMG_1397.JPG
IMG_1398.JPG
前日の新雪がふかふかで、気持ちのいいパウダーを楽しみました。風もあり寒かったですが、ラビスパに付く頃には青空が見えてきました。。
IMG_1400.JPG雄国山頂
IMG_1404.JPGTS3W0140.JPG
ちょっと早すぎたかな?
IMG_1407.JPGラビスパ到着

猫魔スキー場9:10〜雄国小屋10:00(休憩)〜雄国山11:00頃〜ラビスパ14:00前

ガミちゃんが滑りました。
http://youtu.be/8bJLLc3c78Y
平田も滑りました。。
http://youtu.be/QlldKYlWSwo
posted by aizu-ac at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月12日

HPのトップページにアクセスカウンター設置!

総会で提案があったアクセスカンターですが、試行錯誤の上なんとか設置しました。
説明を読むと簡単そうですが、ちょっとした所でうまく行かずてこずりました。(素人なので。。遅くなってすみません!)

会員の山行計画が、少しずつ会員専用の掲示板に書かれてきています。会員の皆さん!時々チェックしたり、何か計画があったら書き込んでください。
posted by aizu-ac at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月01日

三輪滝のレポート

観音山 三輪滝敗退 2012.1.29 斎藤、堀江

珍しく憲ちゃんから誘いを受けたので、二つ返事でokする。
6時半起床。全く準備をしてなかったので大急ぎで用意し7時半に家を出る。白河ICで降り、待ち合わせの場所である甲子トンネルを抜けてすぐの駐車場へ車を入れる。
ほどなく憲ちゃん到着。
山スキーにするか、スノーシューにするか迷ったが、谷をつめて行くので小回りのきくスノーシューにした。
今朝まで降っていた雪がたっぷりと積もり、出だしから結構なラッセル(部分的に股ぐらいまで潜る。)
スピードが上がらず、体力だけが奪われていくが、我慢、我慢。
釜滝上の堰堤 02.jpg
釜滝上の堰堤

釜滝 01.jpg
釜滝

冬山のラッセルは、とにかく早く諦めることだ。
何とか楽したいと思っていると精神的に辛くなるだけだ。
早く諦めて淡々とラッセルする。

2時間半で三輪滝に到着。
高さは20m〜30m、傾斜は70°〜90°まあ、楽勝だな。
発見者の憲ちゃんに敬意を払ってリードを譲ろうかと思っていたのだが、トップをやらせてくれるという。
ご厚意に甘えてリードさせてもらう。
あと一歩 1.jpg
あと一歩

氷は固めでちょっともろいが、下部は何ともなく通過。
傾斜の変わるところで、スクリューを一本決める。
水の音がする。
いよいよ垂直の部分へと進んでゆくが、ピックを思いっきり突き刺した瞬間、空虚な手応えが・・・。

空洞だ。

ジャージャーと流れる滝の上にランプのホヤみたいな、薄っぺらい氷のカバーがかぶさってる感じだ。
さっきのスクリューは、足元のはるか下だ。
怖いランナウトの末に左トラバースをしてようやく2本スクリューを決める。
さらに傾斜が増した氷を直上するが、氷はどんどん薄くなり、蹴り込んだ足先が氷を突き破ってしまう。
それでも、できるだけ氷を壊さないようにそ〜っと登ってゆく。
滝の落ち口まで2mというところで、ついに進退極まってしまった。氷の厚さ(薄さ)はもう、2、3cmぐらいしかない。
破れた穴からは中を流れる水流が十数m下まで落下してゆくのが見える。
もし、氷が崩れて、中に落っこちたら、滝の氷水を浴びながら宙吊りになってしまうだろう。

ということで、敗退を決める。
スレッドを作り、スリングを通してロワーダウンする。
あ〜、情けない。

あと2m 2.jpg
あと2m

情けないが、よく考えてみると、あれを登れる人がいるとは思えないから、まあ、いいとしよう。
荷物をまとめて退却。
登りのトレースはあっという間に消えていて、またもや延々とラッセルをさせられた。
次はスッキリと登りたいね、憲ちゃん。

動画はコチラ
(今度は酔いません)
http://youtu.be/rNhctxMY65Y

posted by aizu-ac at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記