2012年04月24日

那須 旭岳西壁 中央稜

2012.4.15 堀江、斎藤

7:30甲子温泉大黒屋旅館駐車場で待ち合わせ。
一台をここに置き、会津側(野際新田)に向かう。
観音沼公園駐車場を過ぎ、林道をつめ入渓ポイントに車をおいて8:40出発。
天気は快晴。

旭岳西壁.JPG

暑いぐらいの陽気の中、締まって歩きやすい残雪を踏んで谷を詰めてゆく。
ほどなく1100mの二股。これを右に入り、次々と現れる堰堤をクリアしてゆく。
1250mで左股に入るとハングした滝。これは残雪が多く残っており、これをステップとして、水流沿いにブッシュを使って強引に越える。
1320mでさらに左股に入ると15mほどの滝となる。水流の左側が凍っており、アイスクライミングで超えるが、氷や薄く、もし落ちると真っ暗なシュルンドに吸い込まれてしまうため、緊張する。
無事に15m滝を越えると中央稜の末端に出た。
忠実に末端から取り付いて登るがブッシュがひどい。前日降った雪が木の上から溶けて雨だれとなっており、天気がいいのにびしょ濡れとなる。

延々と続く藪漕ぎ。いつになったらすっきりとした岩稜のクライミングができるのか。我慢の登りが続くが、ついぞ快適なリッジクライミングに出会うことなく西壁は終わり、頂上へ到着。
旭岳からの下り.JPG
那須連峰はもとより、三倉山、大倉山、日光連山、燧、会津駒、越後三山、浅草岳、御神楽、飯豊、吾妻、磐梯山と360度の大展望だ。
ここまで休憩らしい休憩はとってこなかったので、ゆっくりランチタイムとする。
この旭岳は頂上への正式な登山道は無く、この時期でないとピークを踏むことが難しい。

下山は登ってきた方とは逆の東側へ。甲子山へと続く痩せて急な雪稜を下る。西壁の中央稜より、スッキリして気持ちがいい。



団体パーティを途中追い抜き、残雪の尾根を甲子温泉大黒屋へと下る。15:30着。

動画はコチラ
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=SbmoKMxmH-c




posted by aizu-ac at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

日出山から見る只見川

日出山から見る只見川金山町湯倉温泉近くの霧来沢左岸にある日出山に4月15日登りました。小さな山であり、御神楽が一望できるかと思いましたが、生憎杉の木の間に黒々とした前岳スラブが見えるだけでした。それでも遠くに三岩岳、只見川の流れ、博士山を眺めることができました。記録 小沼。
KC3P0096.jpg
posted by aizu-ac at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

HPのあり方会議

平田の事務所で会議がありました。

写真(18).JPG

@会員の山行報告は佐々木先生と山岳会にメールしてもらう。
A山行報告は「おたより」が出てからHPの会員専用ページの中の「山行速報!」にアップする。
Bトップページの「最近の活動」には、リーダー会の指示が出た山行報告のみを載せる。
 
などが決まりました。。
posted by aizu-ac at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

移動高気圧

案の定移動高が来た。

120408_1214~02.JPG
posted by aizu-ac at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記