2012年09月03日

北鎌尾根、北尾根ソロ 堀江誠克



2012年8月1日〜8月4日

8月1日
9:00自宅発
15:30七倉着タクシーにて高瀬ダムまで。
高瀬ダム発16:00
湯俣着17:30
湯俣晴嵐荘泊
北鎌経由で行くと言うと、個室にしてくれた上に、夕食のそばを大盛りに、さらに鰻の蒲焼を付け足してくれた。

湯俣温泉.JPG
湯俣温泉

フィックスロープ.JPG
フィックスロープ

8月2日
湯俣発6:00
先天出合7:30
北鎌沢出合9:00
北鎌沢を登り始め、かなり高度を稼いだ所で出合にデジカメを忘れてきたことに気づき、出合に戻る。ほとんど下り切る直前で登ってきた2人パーティが拾ってきてくれていた。ありがたい。気合を入れ直して、再び登り始める。
北鎌のコルまであと三分の一ほどかと思えるところで、地図を読み直して唖然とする。登っていたのは明らかに左俣で、右俣には出合いからすぐの所で入らなくてはならなかった。一瞬、このまま左俣を詰めてしまおうかと思うが、数年前に左股に入った単独登山者がシュルンドに落ちて遭難した事故を思いだし、やっぱり戻ることにする。
 再び、出合い付近まで戻り、水の枯れた右股に入る。(左股は水量が豊富)
まさかの三回登りだったが、途中で先ほどの2人パーティを抜き、頑張って北鎌のコル着11:20
かなり無駄な体力を使ってしまった。
 これより、ようやく北鎌尾根となる。
独標12:30

槍が迫る.JPG
槍が迫る

槍ヶ岳本体の登りに入る頃、雲が立ちこめ、雷鳴が轟く。
槍の基部で様子見をしながら40分ほど待機。
雲が去り、青空が見えてきたので再び登り始める。
どこがルートかよく解らないので直登する。
槍ヶ岳15:10
槍ヶ岳山荘泊

8月3日
今日は涸沢までの移動日なので朝食後、食休みしてから、のんびり出発6:00
すばらしい天気の中、大展望を味わいながら歩く。
南岳7:00
大キレット8:30
北穂小屋9:30
北穂小屋でラーメンを食べたり、コーヒーを飲んだりしてくつろぐ。
北穂山頂10:20
北穂の南稜を下って涸沢入りする予定だったが、天気も最高、時刻もまだ早いので奥穂まで行くことにした。
涸沢岳11:10
奥穂高岳12:10
穂高岳山荘でのんびりしてからザイテングラードを下る。
涸沢小屋14:30
涸沢小屋に一度チェックインしたが、寝床をみてキャンセル。
キャンプ場にツェルトを張る。寝袋とマットはレンタル。
狭い小屋よりずっといい。
小屋で夕食を食べた後、寝袋に入りながら明日の北尾根のソロをイメージする。技術的には問題ないだろうが、ホールドが欠けるとか、先行パーティが落石を起こすとか、不確定要素が無いわけではない。ロープは付けないから落ちれば100%助からない。リラックスして慎重に行こう。

8月4日
涸沢発6:00
体力を温存しながらゆっくり雪渓を登る。
5・6のコル7:00
4・5のコル7:30
4峰の登りで4人パーティをパス。
3・4のコル8:10
先行パーティが2パーティいるので待機。
いよいよ核心部の3峰だ。
クライミングシューズに履き替える。
先行パーティのラストに続いて、登攀開始8:50
一手、一手、慎重に登る。クライミング自体は難しくないが、なかなかの高度感でゾクゾクする。大岩を左に回り込み、直上。ここで先行パーティをパス。さらに、もろいチムニーから凹角を抜け、ここでさらに1パーティをかわす。これで核心部は終わり。各パーティと楽しく会話し、終始リラックスしながらフリーソロできた。
前穂高岳9:20
しばらく穂高には来ないだろうから、360度よ〜く景色を目に焼き付ける。
重太郎新道の下りで韓国人パーティに挟まれ、のろのろペースとなる。
上高地着12:40
風呂に入って、のんびりごはんを食べ、帰宅21:00

動画はコチラ
http://youtu.be/dElHrE4dnyw
posted by aizu-ac at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記