2012年10月23日

飯豊 疣岩山


平田
2012年10月20日(土) 珍しく土曜日に休みが取れたのでかみさんと飯豊の疣岩山に行きました。
父親の朝食の準備をしてから慌ただしく出発。それでも8時頃になってしまいました。久しぶりの奥川、どのみちを通るか悩みましたが、結局山都から高郷経由で行きました。林道のゲートは開いていて助かりました。奥の駐車場には5台ほどの車が止まっており、鏡山か疣岩の新道を行ったようです。
我々は旧道をのんびり。登るにつれて木々が色付き美しい紅葉を見ることができました。約2時間で松平峠。上部はガスっていたのでここで終了とし、紅葉を見ながらおにぎりを食べて帰ってきました。
写真(28).JPG


山では誰にも会わず、風の音と葉っぱのざわめき、遠く沢の音が聞こえるのみ。穏やかな時間を過ごしました。
写真(27).JPG

帰り道は徳沢から49号線に出て、野沢のロータスインで入浴(400円)ここは露天風呂もあり、サウナもあっていい感じでした。
こちらの方が道も良く、少し遠回りですが楽な感じでした。
平田信良
posted by aizu-ac at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月18日

屏風岩 リベンジ 2012.10.6〜7

屏風岩 リベンジ 2012.10.6〜7 堀江単独

雪が降る前にリベンジしないと。
ということで、今年5回目の上高地へ4時半、沢渡駐車場からタクシーの乗り合わせで移動。
上高地到着後、すぐに歩き始めるが、いつもの通り徳沢までは、半分目を閉じでうつらうつらしながら歩き体力温存。
 横尾で水を3L汲み、気合を入れ直して出発。
1ルンぜ出合で3人パーティが先行していった。

ロープを敷いてマットがわりに.JPG
ロープを敷いてマットがわりに

1ルンゼのアプローチは、重荷だった前回と比べると格段に楽だった。
 3人パーティも雲稜を登るという。セカンド、サードの同時ビレイだから、ソロで登り返しの自分よりはペースはずっと速いだろう。今日は終了点でビバークの予定だそうだ。自分は扇岩テラスが目標。
後続の群馬パーティ.JPG
後続の群馬パーティ

 T4尾根は、楽しいV級のフリークライミング。特に問題なくスムーズに通過。T4で行動食と水を摂り雲稜ルートスタート。1P目の凹角状は50mのピッチだが、フリーエンド側のロープが途中でスタックしたので30mほどでピッチ切って下降。次のピッチでなんとか扇岩まで伸ばせたのでピッチ切り替えのロスがなくて済んだ。
 前回は1p固定してT4でビバークしたが、今回は目標の扇岩まで来れたので、随分と気が楽だ。下を見るとT4で2パーティがビバーク体勢に入っている。ギアを整理し、ツェルトを張ると雨が降りだした。

今回の使用ギア.JPG
今回の使用ギア

扇岩テラスでBivi.JPG
扇岩テラスでBivi

 雨は一晩中降り続いた。ツェルトが新品だったので濡れないですんだが、殆ど眠れず、もう敗退するつもりだったから明るくなるまでシュラフカバーの中でゆっくりしていた。ところが朝になると雨がやみ、岩も殆ど乾いている。これは行くしかないと慌てて準備する。下のパーティのコールも聞こえる。
 7時、クライミング開始。35mA1。ボルトの間隔も近く、ボルトのリングの代わりに付けられたスリングもそれほど傷んでいない。続く4P目のトラバースも心配していたほど悪くない。5P目のW+は濡れていて悪かった。6P目は終了点直前が難しかった。最後はロープを外して泥のルンぜ状で12時半終了。

紅葉の涸沢.JPG
紅葉の涸沢

 屏風の頭まで登りを頑張れば、後は殆ど下るだけだ。徳沢園まで整備された気持ちのいい登山道を下り、コーラを買って一人で乾杯。
 無事リベンジできて足取りも軽く上高地へ。
posted by aizu-ac at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年10月10日

屏風岩ソロ敗退 9/16〜9/17 堀江

屏風岩ソロ敗退
 223.jpg

穂高の屏風岩に行ってきた。
流石に今回はにフリーソロとはいかないので、ロープ使用。
登ったのは約300m、残り約150mで敗退。
敗退はしたけれど、秋の青空の中、大岩壁に一人でロープを伸ばすのはこの上ない快感だった。 

敗退要因1日程:ソロには時間がかかる。1泊2日では厳しかった。
敗退要因2ギア不足:カムとカラビナ、シュリンゲが足りなかった。
敗退要因3重量オーバー:すべてのクライミングギアに加え、ビバーク装備、水6Lなどなどで荷物が30kg近くになった。重すぎた。

どこをどう改善すべきかよくわかった。

 久しぶりのソロシステムだったが、概ねうまくいった。1ピッチごとに、50mよじ登り、ロープを固定。バッククリップしながら、懸垂下降、ロープをアッセンダーで登り返しながらギアを回収。パーティで登るよりも3倍労力と時間がかかる。

IMGP0971.JPG

 大学1年の夏に始めて登ってから9本のルートを登ったが、(そのうち4本は冬)10年ぶりに来てみた屏風岩は当時と何も変わっていない。といっても最後に来たのは年末だったから、雪と氷に覆われていたんだけれど。

 今回、岩壁の途中にあるテラスで神奈川のパーティと一緒にビバークした。2人パーティの片方の方が、なんと現在65歳。65歳は高齢者、いわゆる「お年寄り」に分類されるのだが、彼らの登っていたルート「東壁ルンゼ」は、自分が駆け出しのときに敗退したルートである。

IMGP0963.JPG

 敬老の日ではあるが、この道40年のスーパークライマーを目の当たりにし、俺なんかまだハナタレ小僧なんだな、と実感したのであった。

動画はコチラ

http://youtu.be/Rl6TYbNOZPo

9/16 4:40沢渡-5:30上高地-8:20横尾-9:00一ルンゼ押出-10:00T4尾根取付-15:00雲稜1P目終了 T4 bivi
9/17 5:10雲稜1P目回収-6:40T4-7:40T4尾根取付-9:50横尾-12:20上高地


posted by aizu-ac at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記