2013年07月02日

朝日連峰1day全山縦走 堀江

6月29日の山行報告を送ります。

昨年の飯豊連峰全山縦走1day (http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-203659.html) があまりにも素晴らしかったので、今年は、お隣の朝日連峰をやろうと決めていました。
天気が心配でしたが、稜線はほぼ雲の上で雨に降られることもなく、素晴らしい山旅ができました。
 この時期の飯豊、朝日は花ざかりでホントに素晴らしい。稜線にある小屋もしっかりと整備されて気持ちよく小屋泊まりができます。(泊まってないけど。)もっと多くの方々に訪れて欲しい山々だと思いました。今回、土曜日にもかかわらす、稜線でお会いしたのは10人ほど。いつまでも静かな山であって欲しいとは思いますが。

 朝日鉱泉4:30-大朝日岳9:00-竜門小屋10:50-狐穴小屋12:20-以東岳13:45-大鳥池15:30-泡滝ダム17:30

コバイケイソウの道.jpg
コバイケイソウの道

ヒナウスユキソウ.jpg
ヒナウスユキソウ

最後の山 以東岳から大鳥池を見る.jpg
最後の山 以東岳から大鳥池を見る

鳥原山から小朝日岳と大朝日岳.jpg
鳥原山から小朝日岳と大朝日岳

posted by aizu-ac at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

山行報告 桑原 勇蔵


飯豊お花見山行  6月29日〜30日   記 桑原勇蔵
保科勝人 桑原勇蔵 (単独大竹尚子、窪田道男)

 恒例のお花見山行、今回は全山縦走組、日帰り登山組と多彩な組み合わせが飯豊に入った。
私は保科さんに連れられて、どうにか今年もあの懐かしい「うすゆき草」めぐり合うことができた。
 6月29日 6時20分御沢発、御沢の駐車場はかなりの車が駐車していた。山開き前の6月最後の土、日とあって入山者が多いようだ。「年寄り半日仕事」の例にならって、ゆっくりと途中今晩の材料として、「コシアブラ」、たけのこ、(全部保科さんの収穫)などを採りながらわりと順調に三国に着いたのが12時。切合せの混雑も考えたが、とにかく小屋まで行ってみようと出発。雨の予想が幸いはずれ暑くも無くすこぶる快適な山歩きとなった。残雪はやはり多く、時々残雪をトラバースしながら13時40分切合せ小屋。
 小屋には誰もいない。7月1日から開業と聞いたが、うるさい小屋番もまだ入っていない。今日はここに泊まることにした。
あとからエーデルワイスの小板橋さん一行3名、郡山山岳会一向5名が加わり、一階を貸切。郡山山岳会の採ってきた雪笹や保科さん持参の野菜、山菜のてんぷらで盛大な晩餐会となった。保科さんはおろし金まで用意しての「大根おろし」まで添える凝りようだ。
 翌日、本山までナップザックでピストン。帰りに草履塚下の大雪渓で、窪田先生が粋なサングラスで登ってきた。朝5時に御沢出発してここまできたという。あまりの健脚ぶりに私は口をあんぐり。会津山岳会にはやはり猛者がいるものだ。切合せでゆっくり昼食して三国で休んでいたら、尚子さんがやってきた。開通した大規模林道はトンネル先に大駐車場ができ(駐車30台)横峰道は廃止され、牛ヶ岩経由の御前山道になった。などと話していたら久保田先生到着。早い、早い。
 帰りは笹平付近から土砂降りの夕立。深く抉れた道は洪水のよう。ぬれた木の根坂をこわごわ下りる私に皆さんをつき合わせてしまった。本当にお世話になりました。
posted by aizu-ac at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

飯豊お花見山行 保科

飯豊は高山植物はなざかりです。今回は花特集号です。

130629_1351~01.JPG

130629_1052~02.JPG
posted by aizu-ac at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記